top of page
  • 執筆者の写真gumi-gumi

#Time's Up Now セクハラ問題の先に【メトロポリターナ】


1月に開催されたゴールデングローブ賞のレッドカーペットは今までとは全く違う光景でした。

いつもなら華やかな色のドレスにため息をついたり、噂話でいっぱいになる夢の舞台。

そこが今年は黒のドレスで埋めつくされました。

黒のタキシードの男性がつけていたバッジには、「Time’s UP」と書かれています。

Time’s Up=もう終わりにしよう、という意味ですね。

エマ・ワトソンやナタリー・ポートマン、ニコール・キッドマンなどの女優たちが黒のドレスを着て、セクハラや差別が終わらないことへの抗議を示しました。



閲覧数:24回0件のコメント
bottom of page