top of page
  • 執筆者の写真gumi-gumi

ファッション界は、政治の話をしたらダメですか【ハフィントンポスト日本版】


誰もがあこがれる高級ブランドの洋服はキラキラしている。

華やかで、夢の世界で生きている人たちの持ち物にみえる。でも最近、様子がなんだか違う。

Tシャツを通して「男女の平等」を伝えるブランドが出てきたり、ファッションショーで女性蔑視の政治家を批判したりする動きもあった。どうして急に"政治的メッセージ"を発信するようになったのか。

雑誌『Numero TOKYO』の最新号でその理由を探った、エディトリアル・ディレクターの軍地彩弓さんに話を聞いた。


閲覧数:39回0件のコメント
bottom of page