top of page
  • 執筆者の写真gumi-gumi

「場」の価値が揺らぐ。軍地彩弓が見出す、コロナ禍における「D2C」の可能性【Forbes JAPAN】


新型コロナウイルスの感染拡大による実店舗での売上減を受け、アパレル企業はよりデジタルシフトを強化し、その危機を乗り切ろうとしている。その流れを追い風にしているのが新興のD2Cブランドだ。D2CブランドはこれまでのECと異なる大きな特徴があるという。ファッションエディターの軍地彩弓がD2Cの可能性と、いま企業が取るべき戦略を提示する。



閲覧数:158回0件のコメント
bottom of page